東海社会学会第8回大会プログラム

※ニューズレター第28号より変更がございます。このページが最新版ですので、こちらをご覧ください。

シンポジウムポスターはこちらからご覧ください。

 

日 時 :2015年7月4日(土)9:30受付開始

会 場 :東海学園大学(名古屋キャンパス)

〒468-8514 愛知県名古屋市天白区中平二丁目901番地

アクセス: https://www.tokaigakuen-u.ac.jp/about_us/access/nagoya_campus.html

参加費 :一般1000円、大学院生500円 

     ※非会員でシンポジウムのみ参加の場合500円(資料代)

 

プログラム:

9:30-    受付開始   【3号館2階 学生ホール】

10:00-12:00 一般報告部会(A) 【3号館3階 331中講義室】

10:00-11:30 一般報告部会(B) 【3号館3階 332中講義室】

10:00-11:00 一般報告部会(C) 【4号館3階 430講義室】

10:00-12:00  活動報告部会および市民団体意見交換部会【4号館3階431講義室】

12:00-13:30 昼休憩(理事会)  【4号館2階 426演習室】

13:30-16:30 シンポジウム    【3号館2階 311大講義室】

16:40-17:40 総  会         【3号館2階 311大講義室】

18:30-20:00  懇親会    【『芋んちゅ』原店】

 

※ 会員控室は「432講義室」(4号館3F)です。

※ シンポジウムの控室および打ち合わせは「425演習室」(4号館2F)です。

 

 

一般報告部会(A) 司会:植田 剛史(愛知大学)

3号館3階 331中講義室 10:00~12:00

 

1. 都市における「農」の活動主体の特性と活動の持つ意味―「名古屋市の市民農園に関する意識調査」から(1)...松宮 朝(愛知県立大学)

2.都市における「農」の活動と食育―「名古屋市の市民農園に関する意識調査」から(2)...中村 麻理(名古屋文理大学)

3. 地域防災の創造―コミュニティ防災力向上のための類型化と評価手法の開発...中世古 二生、田中 重好、高橋 誠、木村 玲欧(三重大学大学院ほか)

4. 輪中地帯における水防共同体の変容―消防団・水防団に着目して...近藤 康一郎(愛知県庁)

 

一般報告部会(B) 司会:渡辺 克典(立命館大学)

3号館3階 332中講義室 10:00~11:30

 

1. 不登校生徒の社会的自立支援に関する研究―生徒指導の限界と課題...長谷川 誠(神戸松蔭女子学院大学)

2. 自閉症スペクトラム障害児の母親と障害概念―子どもの行為をめぐる解釈の相違から...堀 兼大朗(中京大学大学院)

3. 障害者との「共働」実践における健常者の「居場所」形成...伊藤 綾香(名古屋大学大学院・日本学術振興会)

 

 

一般報告部会(C) 司会:菊地 夏野(名古屋市立大学) 

4号館3階 430講義室 10:00~11:00

 

1. 医療系研究者のワーク・ライフ・バランスと研究教育活動―大学教職員への質問紙調査の結果から...佐藤 洋子(名古屋市立大学男女共同参画推進センター)

2. タイにおける女性の出稼ぎと家族役割―インタビュー調査からの考察...小笠原 由香(名古屋大学大学院)

 

 

活動報告部会および市民団体意見交換部会 司会・コーディネーター 渋谷典子(NPO法人参画プラネット・名古屋大学大学院)    

4号館3階 431講義室 10:00~12:00

 

1. 豪雪災害の記録づくりの取り組み―2014年2月山梨県都留市豪雪の事例から...山口 博史(都留文科大学)

2. NPO評価と行政評価の相剋―指定管理者制度と市民参加...林 やすこ(同志社大学大学院・NPO法人参画プラネット)

3. 市民活動へつながる「読書会@あいち」...米倉 清花(読書会@あいち)

 

 

シンポジウム  「まち」と「縁」の創造 ──人口減少社会を視野に入れて──

3号館2階 311大講義室 13:30~16:30

 

報 告

1. 子どもの笑顔がまちの未来...丸山 政子(NPO法人子育て支援のNPOまめっこ理事長)

2. 一人の困った!を暮らしの中で―南医療生協のまちつくり みんなちがってみんないい 命輝くまちつくり...松下 繁行(南医療生協 非常勤理事)

3. 地域における多文化共生のまちづくり─成果と課題...阿部 亮吾(愛知教育大学)

 

問題提起者

丸山 真央(滋賀県立大学)

 

指定討論者

岩城 正光(名古屋市 副市長)

 

司 会

山根 真理(愛知教育大学)

 

主 催 東海社会学会 

 

第 8 回社会調査インターカレッジ

ポスター

報告要旨集

開催場所:名古屋市立大学(滝子キャンパス1号館 人文社会学部棟)

日  時:2014年10月25日(土)

参加大学:愛知県立大学、愛知大学、岐阜大学、金城学院大学、静岡文化芸術大学、椙山女学園大学、大同大学、中京大学、名古屋市立大学、名古屋学院大学、名古屋大学

後  援:愛知県教育委員会、愛知県私学協会、岐阜県教育委員会、岐阜県私立中学高等学校協会、静岡県私学協会、社会調査協会、名古屋市教育委員会

 

プログラム

11:00 受付

12:00 前半部会開始(第1部会・201、第2部会・203、第3部会・206)

15:10 前半部会終了

15:30 後半部会開始(第4部会・201、第5部会・203、第6部会・206)

18:10 後半部会終了 

 

第1部会(12:00~,会場:教室201/林担当)

・産業都市豊田の地域コミュニティ形成…名古屋大学(丹辺・室井班)(60分)

・大須商店街の変容と国際化…中京大学(松谷班)(40分)

・名古屋市中心市街地の開発政策と商店街の変動…名古屋市立大学(林班)(25分)

・再編される「名駅」エリア―インタビュー調査から見えてきた再開発の課題とは?…愛知大学(植田班)(25分)

・名古屋新幹線公害問題のその後―移転跡地に対する住民意識に焦点を当てて…名古屋大学(青木班)(25分)

                          

第2部会(12:00~,会場:教室203/菊池担当)

・浜松市の中山間地域の現状と課題―浜松市天竜区龍山地域(旧・龍山村)を事例として…静岡文化芸術大学(舩戸班)(60分)

・豊橋駅南エリアにおけるまちあるきに関する地理学的研究―参加者意識、地域資源、歩行環境に注目して―…愛知大学(駒木班)(40分)

・赤坂・垂井―歴史と交流のまちづくり…岐阜大学(富樫班)(40分)

・インターネットを介した見守りシステム(KIZUKI)の導入をきっかけとするコミュニティ再生の可能性と課題―岐阜県郡上市の事例…岐阜大学(髙木・山崎班)(40分)

 

第3部会(12:00~,会場:教室206/安藤担当)

・原発災害と自主避難―岡山県の支援体制を中心に…名古屋大学(黒田班)(25分)

・わくわくツアー!―名古屋で多文化共生…名古屋学院大学(人見班)(25分)

・イベント化する祭礼の質的転換に向けて―犬山祭保存会のヒアリングを中心に…椙山女学園大学(阿部班)(25分)

・地域活性化に果たす道の駅の役割…大同大学(25分)

・岐阜市における公立図書館の活用のあり方…岐阜大学(西村班)(40分)

・世界遺産・白川郷にみる観光客への対応の変化…岐阜大学(林班)(40分) 

 

第4部会(15:30~,会場:教室201/林担当)

・なぜ「美味しんぼ」騒動は起きるのか…中京大学(成班)(60分)

・東日本大震災における被災地域と豊橋市―「支援でつながる」…愛知大学(土屋班)(40分)

・大学における有効な節電方法の検討―名古屋大学を例に…名古屋大学(丸山班)(40分)

 

第5部会(15:30~,会場:教室203/菊池担当)

・在日コリアンの生活世界(1)朝鮮学校…愛知県立大学(山本班)(25分)

・在日コリアンの生活世界(2)学生・青年団体の活動…愛知県立大学(山本班)(25分)

・在日コリアンの生活世界(3)NPO・市民活動…愛知県立大学(山本班)(25分)

・大学生活の費用負担のあり方とアルバイト・学生生活…名古屋市立大学(藤田班)(25分)

・3年目の壁をいかに越えるか…金城学院大学(大山班)(25分)

・育休と女性のライフコース…名古屋市立大学(菊地班)(25分)

 

第6部会(15:30~,会場:教室206/安藤担当)

・大学生のギャンブルに関する意識と行動…中京大学(松谷班)(25分)

・高校卒業後の友人づきあいと地域・コミュニケーション手段の影響…名古屋市立大学(安藤班)(25分)

・ESDと地域メディア―夕方のニュースの特集から見る持続可能性…名古屋市立大学(飯島班)(25分)

・ナゴヤドームにおける観客の意識調査―プロ野球観戦がつくる絆…中京大学(村上班)(40分)

・荒廃農地とその活用―愛知県内の事例より…大同大学(25分)

第7回社会調査インターカレッジ発表会

報告要旨集はこちらからご覧いただけます(pdf形式)。

2013年10月26日(土) 名古屋大学・東山キャンパス 文学部棟

11:00 受付(文学部棟 1階ロビー)
11:50 開会式(会場A:文学部237教室)

第1部会(会場A:文学部237教室)
12:00 大企業 vs 中小企業 ――私達の価値あるキャリア選択のために(金城大山班)
12:25 大学生のアルバイト経験(名市大藤田班)
12:50 社会現象としての「女子力」(名市大菊地班)
13:15 「企業都市刈谷のまちづくり①」(仮)(名大丹辺班A)
13:40 「企業都市刈谷のまちづくり②」(仮)(名大丹辺班B)
14:05 琵琶湖周辺におけるヨシと人とのかかわり方――地域住民の保全活動に焦点をあてて(名大青木班B)
14:30 教員まとめ
14:40 休憩・移動

第2部会(会場B:文学部127教室)
12:00 「ネット解禁」で選挙は変わるかーネット解禁による情報の充実化、投票率向上の可能性の検証ー(名市大飯島班)
12:25 若者は橋下市長をどうみているか――学生調査の分析から(中京大松谷班A)
12:50 地域政党の可能性と限界――減税日本議員インタビューから(中京大松谷班B)
13:15 東海3県における地ビール産業の形成(名大横山・高橋班A)
13:40 岐阜県羽島市における商店街の活性化と観光振興(岐大西村グループ)
14:05 岐阜県大垣市赤坂・昼飯地区の景観,観光,まちづくり(岐大富樫グループ)
14:30 教員まとめ
14:40 休憩・移動

部会3(会場A:会場A:文学部237教室)
15:00 東海地方における防災対策の課題(名大田中班)
16:00 名古屋の防災・減災まちづくり――名古屋駅とその周辺地区を事例として(名市大山田班)
16:25 終わりのない被災―2013年9月福島調査の報告(中京大松谷班C)
16:50 福島っ子の夏休みⅠ( 中京大成斑A)、福島っ子の夏休みⅡ(中京大成斑B)
17:30 市町合併にともなう地域社会の変容と住民生活(愛大渡邊班)
18:10 教員まとめ

部会4(会場B:文文学部127教室)
15:00 「住まい」をめぐる変化――他人と「協同」・「共同」する住まいの構築――(仮)(愛大土屋班)
16:00 古民家の店舗利用に関する調査(岐大合掌グループ)
16:25 郊外住宅団地のむかしといま―岐阜市松籟団地の事例(岐大髙木・山崎グループ)
16:50 「水とともに暮らす町・郡上八幡のまちづくり」(仮)(金城齊藤班)
17:15 「道路拡幅凍結」後の観光まちづくりと合意形成問題:愛知県犬山市城下町地区を事例に(椙山阿部班)
17:40 名古屋の展示系施設におけるボランティアの活動――現状と展望(名市大阪井班)
18:05 教員まとめ

ポスター報告(12:20~16:30、会場C:文学部1階会議室)
社会的ネットワークに着目したsebone実行委員の展開(愛大駒木班A)
豊橋駅南 水上ビルの歴史―50年間における大豊ビルの店舗展開とその変遷―(愛大駒木班B)
豊橋駅南 商業統計とseboneについて―駅南エリアとsebone参加者意識の変化―(愛大駒木班C)
古書店の立地展開と営業形態――名古屋市内の古書店を例に(名大横山・高橋班B)
大都市郊外における公共交通の持続可能性――尾張旭市の市営バスあさぴー号に着目して(名大横山・高橋班C)
地方都市の駅前再開発-愛知県一宮市を事例に(名大河村班)
契約電力の維持失敗に見る名古屋大学の電力事情(名大丸山班)
支援者から視るホームレスの自立――名古屋市の緊急一時宿泊施設を例に(名大横山・高橋班D)
「企業都市とワーク・ライフバランス」(仮)(名大丹辺班C)
世界遺産・白川郷にみる観光化の功罪(岐大林グループ)
佐久島の災害の記録と記憶をたどる(名大青木班B)

18:30 懇親会(~20:30)

東海社会学会第7回大会のお知らせ

 

 

日 時 :2014年7月5日(土)9:30受付開始

会 場 :愛知県立大学(長久手キャンパス)学術文化交流センター

〒480-1198 愛知県長久手市茨ケ廻間1522番3

アクセス:http://www.aichi-pu.ac.jp/access/index.html 

参加費 :一般1000円、大学院生500円

 

プログラム 

9:30-     受付開始  【1Fロビー】

10:00-12:30 一般報告部会(A) 【2F小ホール】

10:00-12:30 一般報告部会(B) 【2F文化交流室A】

10:00-12:30 活動報告部会   【1F文化交流室B】

12:30-13:30 昼休憩 (理事会) 【1F文化交流室B】

13:30-16:30 シンポジウム    【B1F多目的ホール】

16:40-17:40 総  会    【B1F多目的ホール】

18:30-20:00  懇親会  【サンプラザシーズンズ】

 

※ 会員控室は「交流スペース」(B1F)です。

※ キャンパス内および近隣には売店・食堂などがございません。地下鉄藤ヶ丘駅周辺で昼食を購入する等、各自ご用意ください。

※ シンポジウムの控室および打ち合わせは「和室」(1F)です。

 

 

一般報告部会(A) 司会:室井 研二(名古屋大学)

2F小ホール 10:00~12:30

1.高校生アルバイトと貧困…小島 俊樹(名古屋市立工芸高等学校)

2.東日本大震災の津波被災地における「人口流出」の現状:復興議論における新たな観点の必要性…矢口 陽一(名古屋大学大学院)

3.有機農業への動機:有機農業運動論との比較…谷川 彩月(名古屋大学大学院)

4.開発事業の記憶:御母衣ダム建設50年後の地域調査から…浜本 篤史(名古屋市立大学)

 

 

一般報告部会(B) 司会:菊地 夏野(名古屋市立大学)

2F文化交流室A 10:00~12:30

1.精神障害者にとって「働く」とは?…早野 禎二(東海学園大学)

2.グローバル化の中で、帰国起業、就職する現代中国留学生に対するアンケート調査結果…文 捷(名古屋大学大学院)

3.何がすし職人を越境移動へと動機付けるのか:上海で働く日本人職人の職務とキャリア…王 昊凡(名古屋大学大学院)

4. 里親・ファミリーホームにおける子育て支援という課題…伊藤 龍仁(愛知東邦大学)

 

 

活動報告部会 司会:山根 真理(愛知教育大学)

1F文化交流室B 10:00~12:30

1.全国一斉ボランティアデーの実現に向けて:Make a CHANGE Day の試みと課題…宮﨑 恒平・渡邊 文人(愛・地球博ボランティアセンター)

2.災害救援NPOの役割:東日本大震災の現状と次の災害に向けて…栗田 暢之(NPO法人レスキューストックヤード)

3.愛知県における広域避難支援の実際と子ども被災者支援法:原子力災害における支援の基本法の必要性…向井 忍(愛知県被災者支援センター)・黒田 由彦(名古屋大学)

4.在日朝鮮人のことを知っていますか?:コリアンネット愛知の活動をふりかえる…山本かほり(愛知県立大学)・朴 鐘寿(介護職員・ハングル講座講師)

5. 東海圏における都市農業の実践:日進市、西尾市における非農業者主体の活動から…松宮 朝(愛知県立大学)

 

シンポジウム 「東日本大震災と社会的弱者Part2」

B1F多目的ホール 13:30~16:30

報 告

1.震災遺児・遺児家庭に対する支援の現状と困難…時岡 新(金城学院大学)

2.女性/多様性を防災・復興の主体とするために必要な事――今の復興、次の災害に向けて…山地 久美子(大阪府立大学)

3.震災・原発事故と生活保護/世帯…岩永 理恵(神奈川県立保健福祉大学)

 

コメンテーター

土屋 葉(愛知大学)/ 丹下 厚史(名古屋国際センター)

司 会

渋谷 典子(NPO法人参画プラネット・名古屋大学大学院)

共 催

東海社会学会/愛知県立大学/名古屋大学

※ シンポジウムのみの参加者は無料です。

 

※ 愛知県立大学までは、出来る限り公共交通機関を利用して頂くようお願いします。

車の方は、守衛に学会参加の旨を伝え、臨時駐車証を受け取ってください。

東海社会学会 第6回大会
日時:2013年7月13日(土)
会場:日本福祉大学美浜キャンパス 12号館3階
参加費: 1000円(午後からのシンポジウム参加のみの場合は無料)


プログラム 
7月13日(土)
10:00-    受付開始【12号館3階】
10:15-12:15 一般報告部会(A)【12号館3階1231教室】
10:15-12:30 一般報告部会(B)【12号館3階1232a教室】
12:30-13:30 昼休憩(理事会【12号館1233教室】)
13:30-16:30 シンポジウム「東日本大震災と社会的弱者――震災から2年の現実といま わたしたちにできること」【12号館3階1231教室】
16:30-17:30 総会【12号館3階1231教室】
18:00-20:00  懇親会【12号館6階レストランPrimavera 1】

※12号館の1階・2階は生協の施設が入っています。
※会員控室は1232b教室(3階)です。
※昼食については、大会当日は1階生協食堂(11:30-13:30)、2階学生ラウンジおよびテイクアウトフード(10:30-13:30)が利用可能ですので、各自でお取りください。
※シンポジウムの控室および打ち合わせは、1243教室(4階)です。

 

・一般報告部会(A)司会:飯島伸彦(名古屋市立大学)1231教室 10:15~12:15
1.災害復旧・復興における地方議会の役割:東日本大震災・宮城県の被災自治体を事例として…辻岳史(名古屋大学大学院)
2.農に向かう多様な人々と新規就農者組織:豊田農ライフの会に注目して…中村麻理(名古屋文理大学)
3.高蔵寺ニュータウンの女性たちによるまちづくり活動…秋山幸子(愛知県立大学)
4.名古屋市における「都心回帰」と地域コミュニティ:現状と論点…丸山真央(滋賀県立大学)

 

・一般報告部会(B)司会:渡辺克典(立命館大学)1232a教室 10:15~12:30
1.健常者の障害者運動加入における事業性:NPO法人「わっぱの会」を事例に…伊藤綾香(名古屋大学大学院/日本学術振興会特別研究員)
2.すし業のマクドナルド化とすし職人の労働:「マック職」化と徒弟制の変容に着目して…王昊凡(名古屋大学大学院)
3.少年院における自己変容の可能性:演技論的側面に着目して…都島梨紗(名古屋大学大学院)
4.ことばの学習からみた技能実習生と結節点:名古屋南部ベトナム人の地域日本語教室を中心に…荒川孝之(東京福祉大学/名古屋ベトナムネット)
5.家族変動と「死の商品化」の国際比較に向けて:日本とトルコ の場合…安藤究(名古屋市立大学)

 

・シンポジウム
「東日本大震災と社会的弱者――震災から2年の現実といまわたしたちにできること」
1231教室 13:30~16:30

ポスター

<シンポジウム趣旨>
 東日本大震災から二年が経過した。広域性、甚大性、複合性(地震・津波+原発事故)の三つの特徴を有する未曾有の災害は、日本社会が抱える種々様々な問題を明るみに出して現在に至っている。社会学に留まらず、多くの学問領域で震災をテーマとしたシンポジウムやワークショップが開催されているが、本年度の東海社会学会大会では子どもや高齢者、障害者といった社会的弱者と震災をテーマに取りあげる。シンポジウムのタイトルは「東日本大震災と社会的弱者――震災から2年の現実といまわたしたちにできること」、報告者として成元哲氏(中京大学)、土屋葉氏(愛知大学)、日高橘子氏(名古屋市役所)の3氏にご登壇いただく。
 成元哲氏は原発事故後の福島において「福島子ども健康プロジェクト」という調査を行っておられるが、当日はその成果をもとに低線量被曝にさらされている子どもとその家族の実態についてご報告いただく。家族社会学および障害学をご専門とされる土屋葉氏のご報告は、障害をもつ当事者が発災から現在までどのように支援活動を繰り広げてきたかについてのものである。名古屋市から被災地(岩手県陸前高田市)に派遣された日高橘子氏からは、保健師として被災地で活動された経験を踏まえて報告を行っていただく。
 3氏ともに被災地における社会的弱者の実態を間近で見てこられた。当日のシンポジウムでは、参加者でその貴重な経験を共有しながら、活発な議論が展開されることを期待したい。

報告
成元哲(中京大学)
「終わらない被災の時間――福島県中通り9市町村の親子の不安、リスク対処行動、精神的健康度の社会学的分析」
土屋葉(愛知大学)
「障害をもつ当事者による/への支援活動――3.11から現在まで」
日高橘子(名古屋市役所)
「長期派遣保健師が行った被災地における社会的弱者への支援と課題」

討論者
松宮朝(愛知県立大学)
丸山真央(滋賀県立大学)

司会
西山八重子(金城学院大学)
黒田由彦(名古屋大学)

主催
東海社会学会

※シンポジウムのみの参加者は無料です。

 

Joomla templates by a4joomla