東海社会学会 第12回大会・シンポジウム プログラム

 シンポジウムポスターはこちら

日  時: 2019年6月29日(土)9:00受付開始
会  場: 名古屋市立大学 滝子(山の畑)キャンパス 2号館
〒467-8501 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1
アクセス: https://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html
参加費: 本会員  2,000円
 大学院生・非会員 1000円(シンポジウムのみ参加は無料)
市民団体関係者(事前登録制) 無料

プログラム:
9:00-    受付開始 【2号館2階エレベーターホール】
9:30-12:20 一般報告部会(A) 【208教室】
9:30-12:20 一般報告部会(B) 【209教室】
12:00-13:10 交流ブース展示 【201教室 / 休憩室】
12:30-13:20 理事会 【203教室】
13:20-13:50 活動報告部会 【207教室】
14:00-17:00 シンポジウム 【207教室】
17:10-18:00 総 会 【207教室】
18:30-20:30 懇親会 【サクラサイドテラス(市民病院内)】
※ シンポジウムの打ち合わせは12:20-14:00【202教室】です。


一般報告部会(A) 司会:福井 康貴(名古屋大学)
 208教室 9:30~12:20

1. 性的マイノリティの児童・生徒をめぐる文部科学省の政策の論理
―「性同一性障害」概念の使用と性的指向の関わるマイノリティの排除をめぐって―
島袋 海理(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)

2. 家庭環境と子どもの留学
―「学校外教育活動に関する調査」の二次分析からー
太田 知彩(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)

3. ジャン・ボードリヤールから考察する情報環境(アーキテクチャ)の時代における
ポストモダンの弁証法
稲葉 年計(首都大学東京客員研究員/四日市大学非常勤講師)

4. 旧東独社会科学者の「統一」に関するライフヒストリー分析
―対象者の語りに表れる特有な社会的文脈の読み取りー
飯島 幸子(愛知大学国際コミュニケーション学部)

5. 地域メディア(CATV)番組制作を中心とした大学と地域の関係性をめぐって
加藤 裕治(静岡文化芸術大学)
冨田 晋司(公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会)

6. 相互扶助機構の「アソシエーショナル・サードプレイス」化
山口 博史(都留文科大学)


一般報告部会(B) 司会:前島 訓子(愛知淑徳大学)
209教室 9:30~12:20

1. 農村地域におけるライフスタイル移住者のコミュニティ
―千葉県いすみ市を事例としてー
片桐 勇人(名古屋大学大学院環境学研究科)

2. 持続可能な食消費の実現に向けた「食の安全」に関する考察
―消費者へのグループインタビュー調査を通して―
藤原 なつみ(名古屋大学大学院環境学研究科)

3. 「地方暮らしの若者と政治参加」
―広島県豊田郡大崎上島町在住の若年層を対象としてー
竹内 陽介(名古屋大学大学院環境学研究科)

4. 「他出子の子ども」から見る他出子出身集落への意識
―浜松市天竜区佐久間町を事例として― 
舩戸 修一(静岡文化芸術大学)
5. 城市縮小 ―日本と台湾の比較分析と政策対応―
Urban shrinkage in Japan and Taiwan: A comparison of transformation patterns and local strategies

戴 伯芬(台湾輔仁大学)

6. 公営住宅における外国籍住民
松宮 朝(愛知県立大学)


活動報告部会 司会:山口 博史(都留文科大学)
207教室 13:20~13:50

1. 四日市大学における社会連携の成果と課題
樋口 晶子(四日市大学社会連携センター)
三田 泰雅(四日市大学総合政策学部)  

交流ブース               
201教室 12:00~13:10

・四日市大学・社会連携センター
・名古屋都市圏研究会


第12回大会 シンポジウム
『災害と社会変動─伊勢湾台風60周年を振り返って』
207教室 14:00~17:00

〈報告者〉
室井 研二 (名古屋大学)
「臨海工業都市の災害─伊勢湾台風後のコミュニティと災害脆弱性」

高橋 誠(名古屋大学)
「海から遠いまち─伊勢湾台風被災地における土地利用変化と災害暴露性」

早川 典夫(南区星崎消防団)・土田 卓(南区役所総務課)
「地域コミュニティにおける防災の在り方」

〈討論者〉
原田 峻(金城学院大学)
松下 繁行(南医療生協)

〈司 会〉
松木 孝文(大同大学)

主 催 東海社会学会

東海社会学会 第11回大会・シンポジウム プログラム

日  時: 2018年7月7日(土)9:10受付開始
会  場: 名古屋学院大学 名古屋キャンパスしろとり 曙館
〒456-8612 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番25号
アクセス: https://www.ngu.jp/outline/campus/
参加費: 一般2,000円、 大学院生・非会員1,000円
      ※非会員でシンポジウムのみ参加の場合 資料代500円

プログラム:
9:10-    受付開始 【曙館6階 エレベーターホール】
9:30-11:45  一般報告部会(A)      【曙館6階 603教室】
9:30-11:45  一般報告部会(B) 【曙館6階 604教室】
13:00-14:00 市民活動報告部会 【曙館6階 603教室】
11:30-13:00 市民活動団体交流ブース 【曙館6階 606会議室】
12:00-13:00  理事会 【曙館6階 607会議室】
14:00-17:00  シンポジウム 【曙館6階 603教室】
17:00-18:00  総 会 【曙館6階 603教室】
18:30-20:30  懇親会 【白鳥物語】
※ シンポジウムの控室および打ち合わせは「曙館6階 605教室」です。


一般報告部会(A)
司会:立川 雅司(名古屋大学)曙館6階 603教室 9:30~11:45

1. 地域自治とアソシエーションの再編―愛知県一宮市における「地域づくり協議会」の取り組み―高木 俊之(東海大学)
2. 「他出子」の帰郷をめぐる親世代の意識の交錯 ―浜松市天竜区佐久間町を事例として―舩戸 修一(静岡文化芸術大学)
3. グリーンツーリズムの拠点開発に対する住民意識―三重県いなべ市の調査結果から―三田 泰雅(四日市大学総合政策学部)
4. 豊田市の新たな新規就農者ネットワーク中村 麻理(名古屋文理大学)
5. 孤立する芸術労働者と「労働者性」をめぐる集合行為―音楽家のユニオン活動を事例として―中根 多惠(愛知県立芸術大学)


一般報告部会(B)
司会:飯島 伸彦(名古屋市立大学)曙館6階 604教室 9:30~11:45
1. 社会運動の再興における中断組織の役割―台湾・第四原発反対運動を事例に―王 黛茜(名古屋大学大学院環境学研究科)
2. インターネット空間における社会運動とソーシャル・コントロール―中国のフェミニズム運動を事例として―祁 雨晨(名古屋大学大学院環境学研究科)
3. 旧東ドイツ社会科学者へのインタビュー調査―地域・母集団の特性検討と調査手法の総括―飯島 幸子(愛知大学 国際コミュニケーション学部)
4. 階級論における「搾取」と「閉鎖/排除」―メタ・ネットワーク論からみた交錯関係をめぐって―丹辺 宣彦(名古屋大学)
5. 情報社会の全体性と承認 稲葉 年計(首都大学東京大学院客員研究員)

市民活動報告部会
司会:伊藤 静香(特定非営利活動法人参画プラネット)曙館6階 603教室 13:00~14:00

1. 高校生のキャリア教育の価値 ―黄柳野高校の事例をもとに―
小柳 真哉(特定非営利活動法人アスクネット)
2. 地域社会への貢献をめざした大学間連携の実践
―長久手市大学連携基本計画策定プロセスから―
(長久手市、長久手市大学連携ワーキンググループ)

市民活動団体交流ブース               
曙館6階 606会議室 11:30~13:00
・ 特定非営利活動法人アスクネット
・ 長久手市
・ 南医療生協名南ブロック
・ 中部圏地域創造ファンド
・ 特定非営利活動法人 名古屋難民支援室
以上5団体

第11回大会 シンポジウム

(ポスターはこちらからご覧ください)
『リニア時代の地域戦略‐都心名古屋と周縁山間地域』
曙館6階 603教室 14:00~17:00
〈報告者〉
江口 忍(名古屋学院大学)「リニア時代の都市戦略 ‐都心と周辺、それぞれの『リニア・インパクト』」
林 浩一郎(名古屋市立大学)「『リニア・インパクト』を見据えた稼ぐまちづくり運動の行方-名古屋駅西側の再編をめぐるエリアリノベーション戦略‐」
谷口 功(椙山女学園大学)「開発と自治の地域戦略 -闘う豊田市-」
戸田 友介(株式会社M-easy 代表取締役) 「暮らしとはたらくから紡ぐ、もうひとつの生涯サバイバル作戦」
〈討論者〉舩戸 修一(静岡文化芸術大学)
〈司 会〉三田 泰雅(四日市大学)
主催  東海社会学会

Joomla templates by a4joomla